手放せない息子たちとの思い出のミニカー玩具

PR|ミニカーを購入|

我が家の子供は男の子が二人。

二人とも幼い頃大好きだったのがミニカーの玩具でした。

長男は働く車のミニカーが、次男はスポーツカーのミニカーが大好きで合計するとそれこそ100台はゆうに越える数のミニカーを持っていました。

ミニカーの玩具で市場に出回っている殆ど全ての車の名前を覚え、道路を走っている車の車種を2、3歳の子供が見事に言い当てるのでよく周りからは驚かれていました。

また車の名前はカタカナ表記なのでそのお陰で、平仮名よりもカタカナを先にマスターするなどミニカーにまつわる思い出は数多くあります。

そんな息子たちも大きくなり、徐々にミニカーを手にとって遊ぶ事はなくなっていきました。

収納しておくのも数が多いだけに大変なんですが、ミニカーを手にとって目をキラキラさせていた当時の子供の顔と沢山の思い出が頭をよぎって中々捨てる事は出来ずにいます。

でもふと収納しておくだけではミニカーがもったいないなと思いました。
だから、私はミニカーをキーフォルダーにしてみたはどうかと考えました。

当時大事にしていたミニカーを、一回落としてしまった事があります。いつも手で持っているのですが、手から滑り落ちてしまったのです。なかなか見つからず、次男は泣いてしまいました。

でも幸い、すぐに見つけたので本当に良かったです。
その時思ったのです。いっその事ミニカーをキーホルダーにしてしまおうと思ったのです。

それを最近になって思い出しました。

そこでミニカーに穴を開けました。最初は躊躇しましたが、穴を開けないとキーホルダーになりません。だから思い切って穴を開けました。

穴を開けてひもを通したのです。これであっという間に、キーホルダーの出来上がりです。私がつくってあげたミニカーは息子のバッグにひっかけて毎日持ち歩くようになったのです。これでしまってあるだけでなく毎日キーフォルダーとして活躍しますし、毎日大事にできるのです。

ミニカーは小さいので良かったです。これ以上大きかったら、キーホルダーにすると重くて仕方がありません。

息子の友人はこのキーホルダーを見て、とても羨ましそうにしています。
「私もこんな可愛いキーホルダーが欲しい」と言われているのです。だから私は息子の友だちにも作ってあげようと思っています。きっと喜んでくれると思うのです。

他の玩具は捨てたりよそにあげてしまったけれど、ミニカーだけはきっとこれからも手放せないと思います。

<特別サポート>お家の見直ししま専科|内職ランキング|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|超SEO対策|内職 アルバイト|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|JALカード|家計見直しクラブ|お小遣いNET|